日本食

2017年11月13日 by kawano masahiro
自宅飯では基本、お米を食べない生活をして長いですが、それを解禁。実家米を土鍋で炊いてみました。 なんだろう、この満足感は。 北海道の塩辛や松前漬け、そしてシンプルな卵焼き。 日本人で良かったと思いました。 シンプルなご飯ですが、食に感謝しながら美味しくいただきました。感謝。

エンディング産業展

2017年11月12日 by kawano masahiro
先日、出張の合間に足を運んでみたエンディング産業展。そう葬儀業者向けの展示会です。 今まで建築がらみの展示会やフェアには参加や出展ありますが、今回のような展示会は初めてでした。 超高齢社会に突入し、葬儀の在り方も様々。なにかヒントを得れました。

香川にて古民家鑑定士講習試験

2017年11月11日 by kawano masahiro
香川にて古民家鑑定士の講習試験を開催。香川では珍しく1名での開催。古民家鑑定士の試験対策もそうですが、試験終了後には更新講習までの空き時間をプチセミナーもさせて頂きました。 更新講習では、以前私が講習した方もちらほら。ただ資格取得しても古民家鑑定士を活かしきれていないので、これからの3年間は是非活かしてもらえることを願って講習させて頂きました。 古民家再生から古民家活用の時代へ。 地域を

第8回全国会員大会ホームページ公開!

2017年11月10日 by kawano masahiro
大変ながらくお待たせしました。 一般社団法人全国古民家再生協会 第8回全国会員大会 ホームページ公開しました。 http://zenkoku2018.g-cpc.org/ その翌日に、弊社グループ全国大会も開催させていただきます!

松江にて古民家鑑定士講習試験からの更新講習

2017年11月9日 by kawano masahiro
島根県松江市にて古民家鑑定士の講習試験を開催し、島根・鳥取・山口よりお越しいただきました。 私が松江で実施するのは、これも数年ぶり。懐かしい感じありました。 古民家鑑定士は、古民家のインスペクションを通じ日本の住文化を未来の子どもたちへ受け継いで行く使命があります。 講習では、その想いも強くもちお伝えしています。 そして、終了後には更新講習を実施し、すでに資格を保有

「ハレ」と「ケ」

2017年11月8日 by kawano masahiro
「今日はハレ舞台」。 結婚式や入学式など 特別な行事の日に「ハレ」と使いますが、 これって非日常を意味する言葉で、古民家にも関係深いそうです。 民俗学や文化人類学において、民俗学者・柳田國男によると 「ハレ」は、儀礼や祭・年中行事などの非日常。 「ケ」は、普段の生活である日常状態。 を示し、衣食住や振る舞い、言葉遣いなど区別された。 非日常とは冠婚

あれから6年

2017年11月7日 by kawano masahiro
福山市で2011年以来開催した古民家鑑定士講習試験。もちろん私以外のインストラクターでは開催していますが、私が実施したのは2011年3月11日以来です。 講習を終え福山駅に行くと号外が飛び交い騒然としていたのを思い出します。 感慨深い1日でした。また新たに資格者が誕生します。ともに活動できることを願っています!

大自然で浄化

2017年11月6日 by kawano masahiro
天気の良い日曜は、久しぶりに休日を満喫してみた。雲ひとつない快晴に恵まれ、四国カルストへ。 紅葉していて自然を感じることができ、心も浄化された気分。 四国にも恵まれた自然が残っています。