地域の宝をどう守るのか

茨城にある築140年を越す古民家の視察へ。 現在、一般社団法人茨城県古民家再生協会が古民家を活用した事業かに向け動いています。 古民家は地域の宝であると私はいつも話します。 ここを拠点に何ができるのか? そして何を目的に…

存続することの大切さ

今日もニュースで大手カラオケチェーンの大量閉店が報じられていました。 どこの街に行ってもありましたし、私自身、学生時代はよく利用させて頂いていました。 しかし、時代のニーズや市場によって流れは変わります。 会社の生存率は…

将来まちを担う子どもたち

夏休みももうわずか・・・。 子どもたちにとっては、学校が始まる楽しみと、宿題の追い込み(笑)、夏休みが終わる寂しさ? があるころではないでしょうか? 子どもたちを対象とした事業として「古民家フォト甲子園」を毎年開催してい…

新たな市場創造

一般社団法人全国古民家再生協会として本年度募集があった一般社団法人日本ロボット工業会における「平成28年度ロボット導入実証事業」において「床下インスペクションロボット事業」が採択を受けました。 これまで、古民家鑑定を通じ…

巣立ち

5名の学生たちが8日間のインターシンップを終え、巣立っていきました。 学生たちには、 愛媛のとある町にある古民家を活用し地域を再興する事業政策の提言でした。 このプログラムを実施した目的として、 ・学生たちに事業立案のプ…

好きなことば

私の座右の銘は、「意志のあるところに道は開ける」 20代の頃は、「道は開ける」のみだったんですが、 30代に入った際、リーンカーンの名言でもあった 「意志あるところに道は開ける。」から頂きました。 Where there…

お申し込みありがとうございます

事業セミナーを今月末と来月開催させて頂くのですが、ありがたいことに申し込みが続いています。心から感謝致します。 地域の企業が古民家を通じて社会貢献することが今後の未来には必要不可欠です。 しっかりとご参加頂く皆様に事業を…